教えて!噛み癖のある犬、甘噛みをする犬のしつけ裏ワザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘噛みというのは子犬が人にじゃれた時に手などを噛む行為です。

普通1歳未満の犬がする事が多いこの甘噛みですが、子犬の頃からしつけしておかないと噛み癖が付いて成犬になっても甘噛みしてきます。

子犬の甘噛みと違って成犬の場合は痛いです。

ですので、ここでは成犬になって人やリードなどを甘噛みをしたり、噛み癖が付かないようにするための裏技的なしつけ法についてご紹介します。

1.飼い主に甘噛みをしてくる犬のしつけ法

愛犬の甘噛みが直らない原因のほとんどは飼い主にあると言われています。

例えば、子犬の頃は飼い主の手をおもちゃに遊んだりするケースがありますよね。

実は、その遊んでいる姿が可愛いからと言ってそのまま放置しておくと、人を噛む習慣が付いてしまうのです。

ですので、まず最初にしなければならないのは、手を使って遊ばせないようにする事です。

しかし、既に噛み癖が付いてしまっている場合は、これだけでは改善しない可能性もありますので、以下の方法を試してみて下さい。

1-1 噛みそうになったら立ち上がる

愛犬が興奮してあなたに甘噛みをしようとしたら、スッと立ち上がりましょう。

この時大切なのは犬を意識しない事です。

つまり、声をかけるのも、犬を見るのもやめて下さい。

そして、犬が落ち着きを取り戻し甘噛みをしないと判断したら、また座りかまってあげて下さい。

これをする事によって「甘噛みをするとかまってもらえなくなる」「甘噛みは楽しくない」という意識が犬の頭の中にインプットされます。

1-2 甘噛み予防になる服を着る

フリルやヒモなど飾りのついている服を着ていると、犬は甘噛みをしたくなる傾向にあります。

ですので、飼い主さんは甘噛みをしてこないように服装にも注意しましょう。

例えば、飾りの付いていないシンプルなシャツや、たとえ噛まれても痛みを感じないジーンズなどがいいでしょう。

1-3 嫌な味のスプレーを手に塗る

犬の甘噛み、噛み癖の改善方法の一つに、犬が「まずい!」と感じる味のスプレーを手に塗るやり方もあります。

例えば辛味水や苦味水などですね。

このような水を塗っておくと、犬は「最近ご主人様の手変な味がするから噛むのやめよう」と思ってくれます。

スプレーは市販でも売っていますし、自宅でも作れますので、ぜひ試してみて下さい。

1-4 マズルコントロールをする

マズルコントロールというのは犬の急所である口吻(こうふん)を噛み、服従させたり、犬社会のルールを教える本来母犬が子犬に行うしつけの事です。

ただ、あなたが子犬だけを飼っている場合は、あなた自身が母犬の代わりにマズルコントロールをしてあげましょう。

例えば犬があなたに噛みついてきたら、おかえしとして口吻を手でつかみます。

そうすると犬は「噛んだら嫌なことが起こる」という事を学習して、徐々に噛まなくなってきます。

これを体罰としてではなく「愛のあるしつけ」として実行してください。

2.散歩中にリードを噛む犬のしつけ法

散歩中に犬がリードを噛むと、なかなか前に進めなくて飼い主さんのストレスの原因になる事もあります。

犬がリードを噛むのは「テンションが上がっている」「遊んでいる」「ストレスがある」など様々な理由があります。

対策として、犬がリードを噛みそうになったら、地面と垂直になるようにリードを上に引き上げて噛めないようにする定番ワザありますが、その他にも裏ワザ的な方法もあります。

2-1 辛味水や苦味水などをリードに塗る

犬が嫌がる辛味水や苦味水をリードに塗り、噛まないようにさせる方法です。

理由は甘噛みと同じで「リードはまずいから噛まないようにしよう」と犬に覚えさせるためです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペット先進国で大絶賛されている犬のしつけ法

愛犬が言うことを聞いてくれなかったり、問題行動を起こして困っていませんか?

このしつけ法は世界19ヵ国で取り入れられ、ペット先進国へ逆輸入され大絶賛されている方法です。

・来客に吠える
・人や犬にかみつく
・いたずらをする
・拾い食いをする
・散歩中に引っ張る・・etc

このような犬の問題行動のほとんどを一つの法則を繰り返し行うだけで簡単に解決出来ます。

ドッグスクール、愛犬訓練学校、市販のしつけ本では教えてくれない「犬に命令する必要が無い」独自のしつけ法。

是非、あなたの愛犬のしつけにご活用下さい。


詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。