犬に薬を飲ませたり与えたりする上手な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み薬や目薬などを与える時おとなしくしてくれる犬もいますが、中には酷く嫌がる犬もいます。

今回はそんな犬を飼っている飼い主さんにも役立つ上手な薬の与え方について解説していきます。

1.飲み薬編

動物病院から処方された飲み薬をなかなか飲んでくれない犬も多いです。

人間でも小さな子なら嫌がる場合もありますが、犬の場合はもっと大変です。

まず、口を開けてくれませんし、無理やり飲ませたとしても、すぐに吐き出してしまいます。

悪戦苦闘した結果、やっと一錠飲んでくれた・・このような事がよくあるんですよね。

片手で犬の上あごを掴み、上を向かせてながら口も開けさせ、薬を口の奥の方に入れ込むのが一般的なやり方ですが、今回はそれ以外のやり方についてご紹介します。

1-1 チーズの中に薬を入れる

犬のおやつでもチーズ関連のものも多い位、世の中にはチーズが大好物という犬は多いですが、そのチーズの中に薬を入れると、犬にバレずに食べてくれる事が多いです。

チーズ表面に薬の成分を付けてニオイで気づかれない為にも、手で直接入れず、割りばしやピンセットなどを使う方がいいでしょう。

また、一個だけポンッと置くと怪しまれる可能性もあるので、薬入りじゃないチーズ2~4つほど用意しその中に紛れ込ませ順番にテンポ良く食べさせるとさらに気づかれずらいです。

ただ、チーズは塩分や脂肪の量が多いため、与え過ぎには注意して下さい。

1-2 歯磨きペーストにくるむ

犬用の歯磨きペーストでくるんで与えてあげましょう。

犬用の歯磨きペーストはねばねばしており粘性があるので、するっと飲み込みやすく吐き出しにくいので薬を与えるのに適しています。

ただ、あくまで与えるのは犬用のペーストで、人間用の歯磨き粉は与えないで下さい。

2.目薬編

過去に無理やり押さえつけて目薬をさしたり、初めての目薬が冷たくて驚いたりなど色々原因はありますが、世の中には目薬を嫌がる犬が多いです。

しかし、犬の目の病気や異常があった場合は目薬に頼らなければなりません。

嫌がらない犬なら片手で犬の顎を掴み顔を持ち上げ、正面から差しても暴れないと思いますが、嫌がる犬であれば大人しくしてくれないでしょう。

ですので、ここでは目薬を嫌がる犬に対して上手にさす方法について解説します。

2-1 ひじに犬の顎を乗せてさす

犬をやさしく抱っこして、腕をくの字に曲げ肘の内側に犬の顎を乗せます。

そして、犬の首を固定したら後ろの方から目薬を差します。

この時、犬の首をしめないように力加減に注意して下さい。

2-2 犬の死角からさす

子供が目薬を怖がるように、犬が目薬を嫌がる理由も怖いからです。

ですので、犬の正面から差そうとすると、怖がって顔をそむけてしまうのです。

なので、犬に目薬を差すときは正面からではなく、犬の死角になる後頭部の方からさすようにしましょう。

3.液体薬編

錠剤や粉薬をどうしても吐き出してしまう犬には液体薬を・・

と思う人もいるかもしれませんが、これはこれで「どうやって飲ませるの?」と思う人もいるでしょう。

どうしても粉薬を嫌がるから粉薬を液状にしても、薬嫌いな犬はどんな事をしてもすんなり飲んでくれない場合があります。

3-1 シリンジを口の端に入れ飲ませる

薬嫌いな犬に液体薬を一気に飲ませるとそのまま吐き出してしまう事もあります。

また、量が多い場合は吐き出す前にこぼれ落ちる可能性もあります。

ですので、犬に液体薬を飲ませる時は犬の口を少し上にあげ、シリンジやスポイトを口の端に差し込み、少しづつ飲ませてあげて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペット先進国で大絶賛されている犬のしつけ法

愛犬が言うことを聞いてくれなかったり、問題行動を起こして困っていませんか?

このしつけ法は世界19ヵ国で取り入れられ、ペット先進国へ逆輸入され大絶賛されている方法です。

・来客に吠える
・人や犬にかみつく
・いたずらをする
・拾い食いをする
・散歩中に引っ張る・・etc

このような犬の問題行動のほとんどを一つの法則を繰り返し行うだけで簡単に解決出来ます。

ドッグスクール、愛犬訓練学校、市販のしつけ本では教えてくれない「犬に命令する必要が無い」独自のしつけ法。

是非、あなたの愛犬のしつけにご活用下さい。


詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。