愛犬しつけ

犬のしつけは本当に大変なのか?

世の中には愛犬のしつけに苦戦している飼い主さんがたくさんいます。

 

定番と言われているやり方を実践しているのにも関わらず、なかなか言うことを聞いてくれない・・

 

そういう人も多いのではないでしょうか?

 

そして、何度しつけても問題行動が改善されないと「犬のしつけは大変・・もう諦めよう」と投げ出してしまうのです。

 

では、本当に犬のしつけは大変なものなのでしょうか?

 

実は、愛犬をよい子に育てるのは決して難しい事ではありません。

 

従っている「フリ」をさせるしつけではなく、飼い主さんを信頼して従っている「心」の関係を結ぶ事が最も重要なのです。

常識とされているしつけ法がすべて効果的とは限らない

犬のしつけというのは、飼い主やその家族が快適な生活を送る為だけではなく、飼い犬の安全や他人に迷惑を掛けない為でもあります。

 

例えば、散歩中に変なものを食べて体調をおかしくしたり、知らない人に飛びついて怪我をさせるケースもあるのです。

 

そのような事を未然に防ぐためにも、犬のしつけというのは必要不可欠なのです。

 

しかし、定番、常識とされているしつけ法を実践しても、愛犬の問題行動が解決されず悩んでいる飼い主さんが多いのが現状です。

 

そして、しつけが上手くいかない人の中には、ストレスが原因で育犬ノイローゼになり、不眠、摂食障害、動悸を引き起こす人もいます。

 

可愛い犬に癒されたい!と思い犬を飼ったにも関わらず、犬が原因で逆に鬱病っぽくなってしまう・・

 

こんなの悲しいですよね。

愛犬をよい子に育てるには信頼関係を築く事

愛犬をよい子に育てるには愛犬との「本物の信頼関係」を築くことが非常に重要です。

 

つまり、心と心の関係、飼い主の愛情に喜んで従いたいという心を育てるのです。

 

そして、この関係を築く事が出来れば今まで問題行動を起こしいた凶暴な愛犬が、驚くほど穏やかになり従順な良い子になります。

犬との信頼関係を築き問題行動のほとんどを解決させるしつけとは?

犬の問題行動を解決するには信頼関係を結び正しいしつけを行う事です。

 

ただ、その為には脳科学、ストレス学、感情の心理学など様々な知識が必要になります。

 

当然、一から勉強するとなると大変な時間が掛かりますし、仮に時間を掛けて理解したとしても、それをどのようにしつけに結び付けるのかわからない人がほとんどだと思います。

 

ただ、安心してください。

 

実は、犬の習性や本能等、また脳科学・ストレス学・心理学に基づいてわかりやすく説明している犬のしつけマニュアルが既にあるのです。

 

それがこちらです。

 

 

森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法とは?

森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法とは、今まで世間で常識とされているしつけ法とは全く違う、犬に命令をする必要がないノウハウです。

 

現在このマニュアルは日本だけではなく世界19ヵ国で取り入れられ、ペット先進国へ逆輸入され大絶賛されています。

 

作者の森田誠さんは以前テレビで放送されたTVチャンピオン【ダメ犬しつけ王選手権】で全種目1位パーフェクト優勝したすごい方です。

 

そんな森田さん曰く、愛犬のしつけは一つの行動を繰り返し行うだけで簡単に出来るとの事です。

 

発売からわずか3年で30000本突破したこのマニュアルで、あなたの愛犬をどんどんよい子に育ててみませんか。