失敗しない子犬のトイレトレーニングのやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子犬の頃にトイレトレーニングしなかったり、トレーニングを失敗してしまうと成犬になってから面倒な事になってしまいます。
成犬になってしまうとトイレを覚えさせるのは不可能というわけではありませんが、子犬と比べたら時間が掛かります。

今現在、トイレトレーニングが進まなかったり、戸惑っているという方は参考にして下さい。

1.まずトイレの場所を決める

トイレトレーニングの前に最初にしなければならないのは、トイレの場所を一箇所に決める事です。

子犬というのは自分の臭いがある場所でオシッコをする習性があるので、最初にオシッコした場所をコロコロ変えてしまうと迷ってしまうのです。

では、どのような場所がいいのでしょうか?

個人的にはお風呂場をおすすめします。

お風呂場はトイレを流しやすいという事もありますが、人目にもつきませんし静かなので落ち着いてトイレできるでしょう。

この時、犬がいつでも排泄出来るようにお風呂の扉は開けっ放しにしておいて下さい。

 

2.トイレの場所を覚えさせる

飼い主がトイレの場所を決めても、その場所を教えなければ子犬はどこにトイレがあるかわかりません。

ですので、トイレの場所が決まったら、トイレの場所を覚えさせいつでもスムーズに行けるよう教えましょう。

子犬がおしっこをしたい合図(尻尾を振りウロウロと歩き回る)が出たら、子犬を抱いてトイレまで連れて行き排泄させます。

そして、帰る時は飼い主さんが元にいた場所(寝ていた時なら寝箱)に犬を誘導してあげます。

帰りも抱っこしてしまうと覚えるのが遅くなる可能性があるので、あくまで帰る時は自分の足で歩かせて下さい。

 

3.排泄する時のクセや合図を見極める

まだ犬が自分でトイレに行けない時は、飼い主が連れて行ってあげなくてはいけません。

ただ、犬は「トイレに行きたい」とは口に出して言ってくれないので、排泄する時の合図やクセを見極める必要があります。

犬はだいたい食後、水を飲んだ後、遊んだ後、目を覚ました時にトイレに行く事が多いですが、この時に周りの臭いをクンクン嗅ぎ出したらオシッコの合図です。

 

4.子犬が排泄出来たら褒める

犬も人間と同じく褒められると非常に喜ぶ生き物です。

ですので、子犬をトイレに連れて行き、ちゃんと排泄出来たら思いっきり褒めてあげましょう。

そして、褒めた後はご褒美として遊んであげるのもいいでしょう。

遊んでもらえた子犬は「トイレをちゃんと出来たら嬉しい事が待っている」という認識を持ちます。

 

まとめ

子犬のトイレトレーニングは一日二日で出来るような事ではありません。

2週間で覚えられれば早い方ですし、3ヵ月掛かっても覚えない場合もあると言われています。

その間、何度も繰り返し行わなければならない作業ですので、トイレトレーニングは非常に根気が必要になります。

トイレ以外の場所で排泄を繰り返されたらストレスが溜まって怒りたくなる事もあるかもしれませんが、いつかちゃんとしてくれる事を信じ根気よく続けて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペット先進国で大絶賛されている犬のしつけ法

愛犬が言うことを聞いてくれなかったり、問題行動を起こして困っていませんか?

このしつけ法は世界19ヵ国で取り入れられ、ペット先進国へ逆輸入され大絶賛されている方法です。

・来客に吠える
・人や犬にかみつく
・いたずらをする
・拾い食いをする
・散歩中に引っ張る・・etc

このような犬の問題行動のほとんどを一つの法則を繰り返し行うだけで簡単に解決出来ます。

ドッグスクール、愛犬訓練学校、市販のしつけ本では教えてくれない「犬に命令する必要が無い」独自のしつけ法。

是非、あなたの愛犬のしつけにご活用下さい。


詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。